ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

会社のむなしさ

今日は朝から会社の活動があった。具体的な内容までは書かないが、本当に意味があるのかと思える内容であった。

一緒に働く人は良い人であり、彼らと仕事をやっていくことはそれほどのストレスはない。

ただ問題はピラミッド構造の上からただ降りてきたような仕事をやらなければならないときである。

はっきりいって現場の感覚から離れてるような仕事もあるし、やりたくないような仕事も降りてくる。

問題は降りてきた仕事にたいして、末端である我々はやる以外の選択肢が残されていないことだ。文句を言っても改善される可能性は極めて低い。

自分の仕事を他人が決定し、自分はそれに異議を申し立てることも出来ないという状況。これが僕の仕事の首をしめているような気がする。

なんとかこういう構造の組織体から抜けて、フラットな、まるで地平線のような環境の組織体に属したいなと思っている。

やらされる仕事ではなく、やりたい仕事であり、やる仕事である。そんな能動的な仕事は何だか楽しそうである。

不安定さや危険の中にこそ学ぶことがある。


広告を非表示にする