ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

雨雲

今日はずっと外で仕事だったので、雲をみていた。

 

すると黒い雲が向こうの方から縦にあがってくるのがみえた。僕は外での仕事が長いので、どの雲が雨を降らすかよくわかる。黒くて厚みのある雲は間違いなく雨雲である。

 

ああ、やばいな、なんて考えながらやっていたのだけど、間に合わなかった。雨が降り出した。そこで上を見上げてみると、さっきの黒い雲が横に広がっていた。そして、雨からかすかに海の匂いがした。

 

あ、と思った。なるほど、夏は気温が熱いから海水が蒸発して、それが雨雲になってやってきて雨を降らすのだと。昔教科書で習ったのだが、こういうことなのかと納得した。

 

雲は海から借りた水分を地上に返しているだけなんだ。なんということか。自然界というのはこうした循環の中で動いている。何かを貰ったら、何かを返す。

 

使いっぱなしの化石燃料、作りっぱなしの化学物質。それらは自然に帰ることなく、ただただ消費されていく。こんなことをやっているのは人間だけだ。

 

広告を非表示にする