ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

デモについて

いま安保法案について反対するためにデモが行われているらしい。フェイスブックで写真があがっていた。

デモ。僕は行っても行かなくてもいいとは思う。僕は1985年生まれの30歳。デモというものにはあまり馴染みがない。僕からするとこれって何だかお祭りみたいだなと思う。みんなで集まってゾロゾロ練り歩いたり、大声を出したりする。69年安保闘争のときもデモが盛んだったらしいが、冷めてる人は冷めていたし、何だかみんな盛り上がってるし俺も参加するかという人もいたと思う。

僕がデモにあまり興味がないのはそれが本当に効果的なのだろうかと思うからだ。日本は法治国家であるから、腕力が強い人間が偉いわけでもなく、最もお金を持っている人が偉いわけでもない。国民が選んだ国会議員によって国会が運営されている。裏側には色々とお金や欲望が絡んだりしているのかもしれない。だが表向きは国会議員憲法にのっとって法律を作り、それを行政が運用し、裁判所が監視する。そのような構造になっているはずだ。

それならば何かに反対したいのならば国民を代表して選出された国会議員に近づいて、法律の立法を阻止してもらうというのが筋だろう。

そしてデモにおいて何よりも気になるのが総理大臣のことを呼び捨てにしてる人が多数いることだ。会ったこともない人に対して呼び捨てにするということは明らかに相手に対して敬意がないし、敵対心を持っているのだろう。そういう刃物みたいな気持ちを見てると、全く関係のないこちらまで殺伐とした気持ちになる。

とにかくもっと落ち着いて、自分たちの要求をどうしたら受け入れてもらえるか考えたらいいのにと思う。主権は国民にあることになっているし。いまの形の不満の表現方法はあまりにも乱暴だと思う。なんで怒らないといけないのか。怒らないと前に進めないのか。その辺りがよく分からない。とにかくあいつが悪いんだ。こっちは全く悪くない。そういう部分が見えてきてしまう。

ご連絡はこちらまで。
メール:noma92☆ezweb.ne.jp(☆を@に変えて下さい)
LineID : noma9289


広告を非表示にする