ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

僕は常に鳥かごの中にいる。

鳥かごをイメージしてください。

はい。鳥かご。

僕は日本で産まれました。それは日本という、とてつもない大きな鳥かごの中で産まれたということです。僕が入りたくて入ったわけではありません。産まれた場所がここだったのです。

その鳥かごの中ではルールがあり、憲法があり、慣習があります。上を見上げると天井には大きなスピーカーが設置されています。大きな声で誰かが喋る声が聞こえます。マイクを握って喋ることが出来るのは権力を握った一部の人たちだけです。

鳥かごの中には人々によって作られた得体の知れない空気で充たされています。それは目には見えないものですが確かにあるものです。人は空気を推測し、自分の行動を決めています。

この大きな鳥かごの中には、小さな鳥かごが無数に見えます。

それは会社であったり学校であったり家庭であったりします。それぞれの小さな鳥かごの中にもスピーカーが設置されていて、一番権力を持っている人がマイクを握り大きな声で喋ります。

会社であったら社長であり、学校であったら校長先生、家庭であったらお父さんです。彼らが作ったルールに従わなければなりません。従わなければ処罰されます。

国に産まれる。組織に入る。集団に属する。これらは全てそれぞれの鳥かごに入るということなのです。そこにはルールがあり、従わなければ処罰されるのです。

もちろんルールに従えば処罰されません。うまくいけばマイクを握れるようになり、大きな声で喋れるようになれます。ある人はそういう立場に憧れて、鳥かごの中で頑張っています。

僕は基本的には放し飼いです。鳥かごの中で一生暮らせと強制されているわけではありません。ですが僕は自分から鳥かごの中に入っていくのです。不思議なことです。

きっと僕は自分でそうしたいと思ったのです。みんながそうしているから。世間はそういう空気に満ちています。

あるいは内側から湧いてくるエネルギーや衝動に従ったのかもしれません。

僕は鳥かごの中にいるかもしれない。でも僕は僕自身が感じるエネルギーに従うことも出来る。それは慣習やルールに従うのではなく、直感に従うということです。

このエネルギーは清らかで自分を元気にします。僕はスピーカーから発せられる誰かの声に従うべきなのではなく、自分から発せられるエネルギーや声に従うべきなのです。

この鳥かごはもう死ぬまで抜けられそうもないですが、この中で好きなことを好きなように表現出来たらそれはそれで楽しそうですね。

そんなことを考えていました。


ご連絡はこちらまで。
メール: nomakunihiko@ab.auone-net.jp
LineID : noma9289

うちに泊まりたい方(Airbnb):https://www.airbnb.jp/rooms/3118980


広告を非表示にする