ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

値段の妥当性

値段の妥当性とはなんなのだろう。一般的な製品は必要経費に利益を上乗せすることによって値段が決まっている。

では自分で作った作品やサービスに値段をつけるときはどうなるのだろう。自分で描いた絵。まだ誰もやっていないサービス。比べるものがなければ値段は勝手にこちらでつけてもいいような気がする。

結局値段の妥当性とは同じサービスを出している人との比較でしかない。隣に同じものを安く売っている人がいたらこちらは高い、あちらは安いとなっていく。

全く新しいことを始めるのなら自分で値段をつけてもいいと思う。もしくは同じ製品が二つとないもの。比べる対象がないのだから。
広告を非表示にする