ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

黒いギター。僕の思い出。

うちの黒いアコースティックギター。中学生三年生のときに買った。場所は御茶ノ水

そのころちょうどゆずが流行っているころでアコースティックギターが欲しかった。

最初に買ったのはヤマハの黒いギター。一万円ほどだったろうか。たしか親に頼んで買って貰った気がする。

もっといいギターが欲しくて御茶ノ水にやってきた。

御茶ノ水には楽器店が多い。御茶ノ水駅から明治大学へと向かう坂道には楽器店がいくつも並んでいる。

当時の僕は店員さんに「ギター弾いてみてもいいですか」と聞くのも恥ずかしかった。楽器店の店員さんはなんでみんな痩せているのだろう。自身も楽器を弾いているのだろうか。

何軒か楽器店を回ってみた。なかなか良い感じのギターは見当たらない。

楽器店がひしめいている坂道が終わろうとしている。

今回は見つからないかな〜と思って入ったクロサワ楽器店。ここで見つからなければ帰ろう。

入ってみると沢山のアコースティックギターがあった。

僕はアコースティックギターの匂いが好きだ。なんだろう、オイルと木の混じり合った匂いだろうか。この匂いを嗅いでいると不思議と気分が高揚してくるのだ。

「いらっしゃいませ〜」

店員さんが言う。

僕はあてどなくふらふらと店内を歩いてみる。やはりギターは高い。10万円でも安いほうだ。平均して30万円ほどのギターが多かっただろうか。

このギターは何年にできました。そのようなポップが並んでいる。僕より年上のものが多い。先輩。

ふと目をあげてみると、黒いギター。

ゆずの北川悠仁さんが使っているギターに似ている。ギブソン社のギターだ。形がかっこいい。

ギターの魅力はあの曲線だろう。まるで女性の身体のような曲線を描く。

この黒いギターはなかなか大ぶりな身体だ。それでありつつ美しい曲線を描いている。

ちらと値段を見てみる。17万円。高い。しかし相場が30万円のビンテージアコースティックギターの世界なら安いほうか、、

店員さんに「弾いてみてもいいですか?」と聞いてみた。

すると「買ってくれるならいいですよ」と言ってきた。

僕の頭は混乱した。そんなシステム聞いたことない。試奏は無料なはずだ。これは特別なギターなのか、クロサワ楽器店がそういうシステムなのか。

僕はその時決断した。

「買います。買うから弾かせてください」

いま考えてみるとよくわからない決断。とはいえ僕はギターをそこで買った。全財産をそこではたいた。いまでもそのギターを弾いている。多分この先も弾き続ける。

僕の黒いギター。僕の友達。

f:id:noma9289:20160108074051j:image


広告を非表示にする