読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

ジュウオウジャーショーに行ってきた。

昨日は家族でジュオウジャーのショーに行ってきました。ジュウオウジャーというのは、戦隊モノの最新版です。動物たちがたくさん出てきます。場所は、水道橋のシアタージーロッソというところです。3歳以上は1,500円でした。

以前やっていたニンニンジャーのときは確か2,700円でしたが。

嫁さんと第二子は見ても仕方ないので、外で待ってることに。僕と2歳半の長男で見ることにしました。2人で1,500円は経済的です。

入り口の前には主役のジュウオウイーグルがいました。鷹の能力を身につけた人間です。空を飛ぶことが出来ます。入場する子供たちに握手しているようです。

でも、明らかに身体つきがテレビのジュウオウイーグルと違うんですよ。なんか身長が高い。胸板もそんな厚くない。これは中身が違うようですね。もしや握手するためだけに雇われた人ではないでしょうか。バスケ部の大学生かな?

そんなことを思いながら、子供はジュウオウイーグルと握手。家に帰ってからもこのことをいっていたので、本人的にはいたく感動したようです。

席について、ショーが始まるのを待ちます。

いきなり、動物の耳や頭を模した被り物をしたダンサーの人がわらわらと出てきました。彼らの身のこなしが半端ない。これはミュージカルとかダンスとか本格的に学んだ人たちに違いありません。バク転も平然とやってのけます。「僕らの世界ではこれぐらい普通ですよ」感半端ないです。

動物ミュージアムというイベントがいきなり始まりました。

するといきなり敵が現れました。宇宙から侵略にきたそうです。

ニンニンジャーのときもそうでした。お姉さんが「こんにちは〜!」とか言うといきなり敵が現れるのです。人間関係とか社会問題とか、そういう複雑なものではなく、敵がいきなり宇宙からやってきます。説明もありません。

とか思ってたら、すぐにジュウオウジャーたちが現れて、敵をメッタメタにやっつけます。

息子も健気に「ジュウオウジャー頑張れ〜」なんて応援しております。

そうして敵を撃退したと思ったら、更に強い敵が現れます。今度はジュウオウジャーもやられてしまいます。

これでもう地球も終わりだ。と思っていたら、子供たちの応援ですぐに元気になりました。これもニンニンジャーのときと同じ設定ですね。応援とか精神的なもので、彼らは簡単に蘇るのです。

結局その強い敵もジュウオウジャーが必殺技で追い払ってしまいました。

命を大切に!!とか決め台詞で言ってましたけど、彼らのほとんどは肉食獣です。なんだか複雑な気分になりました。

ニンニンジャーのときは、テレビに出ていた俳優さんがショーに出てきたのですが、今回は出てきませんでした。すべて変身後のジュウオウジャーのみです。その辺りのことを考慮しての値引きだったのですね。俳優さん呼んだらお金かかりますよね。稽古もしないとですし。

それにしてもヒーローショーもののビジネスモデルは素晴らしいです。お菓子とコラボしたり、武器をオモチャとして売りまくったり。新しいシリーズが始まったらいきなり色々と売り出しますからね。

いい大人たちが1年前くらいから会議をたくさん開いて、策略を練っていたに違いありません。

しかもヒーローたちはみな仮面を被っておりますから、中身が変わっても周りにはばれません。身長や身体つきは、およそ合ってないといけないとは思いますけど。

東京と福岡で同時にジュウオウジャーショーを開催する。なんてことも可能なんじゃないでしょうか。

大人がヒーローショーをみるとこういううがった見方しかできません。

息子は楽しんだみたいで良かったです。
広告を非表示にする