読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

熱海の坂爪圭吾さんちに行ってきたときの話。

この前の日曜日、ずっと会ってみたかった坂爪圭吾さんという人に会ってきました。

 

ibaya.hatenablog.com

(坂爪さんのブログ。やばいをひっくり返して「いばや」らしい。)

 

坂爪さんは、1985年生まれの新潟出身の方。彼女と別れることになり、家のない生活をしてみることを決意。日本中を旅しながらブログを更新し、誰かの家に泊めてもらったりしながら生活。基本的に旅費を出してくれたらどこでも行くとのこと。スペインやらインドなど多くの場所に無料で行っている。最終的にブログの読者の方が、熱海にある家を坂爪さんにプレゼント。現在の住まいは熱海ということになっている。

 

全てブログから得た情報ですが。何よりもブログの文章が美しいです。いまどきこんな文章を書く人もそうそういないです。詩的な感じ。

 

ということで熱海まで家族で行ってきました。

 

天気は晴れ。まるで初夏のようないい天気です。

 

第5回!わたり食堂【0円食堂】 というイベントに参加することに。それぞれが坂爪さんちで好きなことをしていいよっていうイベントらしいです。持ち寄り型のパーティみたいな感じですかね。僕はレモンシフォンを作って持って行きました。

 

熱海までレンタカーでいって、駅前の駐車場にとめて、そこからタクシーに乗って坂爪さんの家の近くまで行きました。坂爪さんちの近くには駐車場がないらしいので。熱海って坂道ばかりなんですね。道が細くて、車がなかなか交差できません。グーグル・マップのGPSが示したとおりにふらふらと歩くと、なんか若い女の人たちが2,3人立っている。

 

こんなところに若い人がいるわけがないと思ったので、「坂爪さんちですか」と聞くとビンゴ。

 

坂爪さんは外でコーヒーを作っていました。念願叶って初めて会えた感じがして「おお〜!」なんて声をあげてしまいました。僕の中では軽く芸能人クラスの有名人です。想像通り細い体つき。でも眼力はあるなぁ。

 

軽く挨拶して坂爪さんちにおじゃましました。

 

坂爪さんのお家はこじんまりとしているのですが、とても綺麗なお家でした。木造の古いお家で、畳は張り替えられていていい匂いがしました。中央のトルコ製の電球は、異国のものでありながら全く違和感がありません。オシャレなカフェのようです。掃除機はうちと同じメーカーのスティック型の最新のものが置いてありました。おそらく読者の方が揃えてくれたのでしょう。無駄なものが置いてありません。窓の外からは隣の家の屋根が見えます。ちょうどその日は、隣の家の屋根のペンキを赤く塗っている人たちがいました。向こうからしたら「なんでこの家こんなに人が集まってるの?」って感じでしょうね。

 

奥に入るとギブソンのギターが。これ結構高いやつだと思うんですが、シラッと置いてあります。ハミングバードっていう種類ですかね。30万くらいだと思います。

store.ishibashi.co.jp

 

 

いい家だなぁ。オシャレなカフェが出来そうなくらい、整えられたおうちでした。落ち着きます。

 

坂爪さんに話したというよりは、その場所に集まった人たちと話しました。わざわざ熱海まで来るような人だから、坂爪さんのファンに間違いなくて、いい人達ばかりです。子供の面倒も見てもらいました。女の人が多かったですね。7割くらい女の人でした。

 

知らない人ばかりで、さすがに僕も少し緊張しました。こういうことを平然とやっている坂爪さんは肝が座っていますね。

 

僕らは家が遠かったので3時頃に帰りました。とても楽しかったです。