読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

息子の背中をみていて

今日は午後から仕事だったので、近くの公園まで2歳の息子を連れていった。

 

嫁さんの御両親に買っていただいた、補助輪付きの自転車で公園まで向かう。まだ朝の9時にもなっていなかったが、日差しがまぶしい。すでに暑い。もう夏が始まったのかもしれない。

 

息子はトーマスの列車がたくさん描かれた青色のタンクトップと、膝までの半ズボンをはいている。お気に入りのアディダスの白い帽子もしっかりとかぶる。帽子が大人サイズだから妙な感じだ。

 

近くの小さな公園についた。すぐに自転車から降りて、ブランコへと走りだす。

 

「パパ〜」

 

息子は何かにつけて僕に注文をつけてくる。

 

「パパもブランコ!」

 

どうやら隣でブランコに乗ってほしいらしい。仕方ないので隣でブランコに乗ってあげる。キィ、キィと金具がきしむ。僕が重たいのか、金具が錆びているのか。

 

「パパ押して!」

 

息子はどうやらブランコをこげないらしい。そりゃそうだ、足が地面についていないのだもの。僕はブランコから降りて、息子の小さい背中を押してあげる。

 

トーマス、ゴードン、パーシィ、この列車は、なんだっけ、、、

 

ブランコに勢いがつく。息子は楽しそうだ。

 

そんなとき、彼の小さい背中をじっと見つめる。なんと小さな背中だろう。まだ2歳児だもの。当然だよ。この世に産まれてまだ2年しか経っていない。

 

僕は昔を思い出す。僕も両親にこうして背中を押してもらっていた。どれだけ押してもらったかは覚えていない。いまや僕が背中を押す番だ。キィ、キィ、、。僕が息子の背中を押すたびにブランコがきしむ。太陽は相変わらず僕らを照りつけてくる。

 

いつか息子の背中も僕のようになるんだろう。そしてだれかの小さい背中を押してあげるんだろうか。今度は君が押す番だね。

 

なんだか不思議なことだ。息子は僕の過去であり、未来でもある。時は平等に流れ、過ぎ去っていく。僕が幼き頃は背中を押され、いつしか誰かの背中を押すようになる。そしてその役目も終わっていく。

 

いつかその役目を引き継ぐひとが現れる。こうして人生は続いていく。

広告を非表示にする