ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

お外にでましょう。花をみましょう。

f:id:noma9289:20170301121058j:imagef:id:noma9289:20170301121107j:imagef:id:noma9289:20170301121113j:imagef:id:noma9289:20170301121117j:imagef:id:noma9289:20170301121123j:imagef:id:noma9289:20170301121131j:imagef:id:noma9289:20170301121141j:image

 

朝、9時30分。

 

僕は悩んでいた。

 

このまま家にいるべきか。近くのスーパー銭湯にいくべきか。

 

3月1日とはいえ、まだまだ外は寒い。このまま家にいれば、寒い思いをしなくてすむ。

 

昨日の夜は仕事。

 

夜中にバイクに乗っていると、まだまだ厳しい寒さだ。真冬なのかと思うくらいに、風が冷たい。冷たい風をうけると、体感でマイナス2度くらい冷えるらしい。身体の芯からこごえる。もう寒い冬はこりごりである。

 

ええいままよ、と僕は立ち上がった。このままでは何も変わらない。スーパー銭湯に行くことにした。

 

自転車でいけば身体も温かくなるだろう。

 

スーパー銭湯は、ここから5キロほどのところにある。30分くらいあればつくかなと思ったが、道路が混んでなかったので、20分でついてしまった。

 

自転車に乗っていると、ところどころにピンクや白の花が咲いている。なんときれいな花なんだろう。梅の花だろうか。もも色の花はやはり目立つ。人工的な色とはちがう、淡く、生命力にあふれる色だ。晴れた青い空とのコントラストも素晴らしい。

 

住宅街を抜けて、おおきな池のある公園の脇を通った。ここには水鳥たちが住んでいる。鴨なのか、アヒルなのか分からない、白い鳥が池に浮かんでいた。なんという鳥だろうか。

 

きれいな景色をみて、僕の心はおどった。風も冷たくなく、おもったより空気も温かい。やはり外に出てみるものだ。

 

スーパー銭湯も気持ちよかった。温かいお湯は、身体をぽかぽかと温める。

 

帰りみちも、おおきな池のある公園を通った。池のそばで咲く、梅の花がきれいだった。

 

道路の脇に自転車を止めて、写真をとる。

 

写真を取り終え、自転車に戻ろうとすると、スーツを着た、小奇麗な帽子をかぶった老人がそこに立っていた。

 

「ここは◯◯公園ですか?」

 

「ええ、そうです。」と僕は答える。

 

「こっちに行けば、どこに行きますか?」

 

僕はこのあたりの土地に詳しくなかったが、だいたいの地名は覚えていたので、その名前を言った。

 

老人は、土地勘がないのか、その地名に何の反応もしなかった。

 

「どちらへ行きたいんですか?」僕は聞いてみることにした。

 

「実は福島から葬式でこちらに来まして。妹の家を探しているんです。」

 

「そうですか、、。住所などはわかりますか?」

 

老人はメモらしきものを持っていて、それを広げて見せてくれた。みると、◯◯公園、◯◯駅、など大まかな場所しか書いていない。ずいぶんアバウトな住所だ。

 

どうしたものかな、、と思っていたら、「すいませんが、電話を持ってますか?」と老人に聞かれた。

 

電話番号は覚えているらしい。老人がいう電話番号にかけてみる。よかった、つながった。

 

「おう、おれだ!いま◯◯公園にいるんだが、迷ってしまった。いま若いお兄さんに電話機借りて、電話してるんだよ!!」

 

ずいぶん大きな声だな。どうやら妹さんにつながったらしい。ここまで迎えに来てくれるようだ。

 

おじいさんから、感謝の言葉をいただいた。人助けは気持ちいい。とくにこんな天気のいい日だったらば。

 

「よかったですね!」

 

僕はそう言って、家へ向かう。

 

そんな午前中でした。梅の花もきれいですね。桜もそのうち咲きますね。

 

 

 

 

広告を非表示にする