ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

文章表現のルール

僕は根が真面目なので先生の言うことはすべて正しいと思う人間です。

例えば語尾がデスマス調の文の中に、〜だ、というような丁寧ではない調子を入れることはしない方がいいと小学校で習いました。

おおよそのところは正しいかと思います。でも時には踏み外してもいいかなと思っています。最近気づいたのですが、一つの文を短くすればするほどスピード感が出ることが分かりました。

例1。僕は今朝遅刻をしました。遅れたらまずいと思ったので駅から走りました。

例2。朝だ。遅刻。まずい。僕は走った。

まるでカメラがカチカチと場面展開するようです。細かい情報は伝わらないのですが焦ってる感じは伝わります。落ち着いた文体の中にいきなり挿入されたら少し驚くかも分かりませんが、効果的に場面展開したいのならアリかもしれません。

村上龍さんの文章で見開き2ページ分一回も段落がないこともありました。読者にスピード感やダラダラ感を与えることが出来ます。

このように文章には表現方法が無数にあると思います。小学校の先生に教わったことは正しいかとは思いますが、せっかく自由に色々書けるのだから自分の好きなように書いてみても楽しいと思います。
  
プロの作品にたくさん触れていると色々学ぶことがありますね。


ご連絡はこちらまで。
メール: nomakunihiko@ab.auone-net.jp
LineID : noma9289

うちに泊まりたい方(Airbnb):https://www.airbnb.jp/rooms/3118980


広告を非表示にする