ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

夕日がでかかった。

昨日4時ごろだったでしょうか。

ふと目の前をみたら夕日が二倍くらいの大きさになってました。一体どういう現象なのかわからないのですが。後で調べます。

胸が締め付けられるような、おそろしさを感じました。大昔の人たちはもっとそういう気持ちを感じていただろうなと思います。自然がもっと身近だったでしょうし。

人間はこの地球で快適に暮らすために社会を作ってるだけなんですよね。大災害が起これば太刀打ち出来るわけがありません。津波地震など。

それくらい自然はもともと偉大なものだと思います。人間がコントロール出来るレベルの代物ではありません。コントロール出来ているように思っているだけです。

だから人は祈ったのでしょう。どうすることも出来ないから。とりあえず心を落ち着けとくか。そんな感じで。

ビルの谷間に落ちていく夕日は偉大でした。
広告を非表示にする