読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

若者にやりたいことがない。日野原さん、篠田さんの対談をみて。

達人達

NHKの番組、達人達をみていた。今回の対談は104歳の医師、日野原さんと103歳の画家、篠田さん。

 

参考 

www.nhk.or.jp

 

100歳を過ぎてあそこまで明快に喋れて、人の話を聞けるっていうのはすごいと思う。うちのじいちゃんは80歳ごろから耳が遠くなって補聴器を付けていたから。

 

驚くべきことに二人ともいまだに仕事をしているらしい。日野原さんはガン患者への診察やケアを週に1回はしている。篠田さんは筆を使って線を描く作品を作り続けている。この歳ながら自分の力で何かをやるという気持ちがすごい。

 

対談の中で、街の人の質問に二人が答えるというものがあった。

 

その中である20代の人が「自分がこれから何をしていいのか分からない」と言っていた。

 

その話を受けて篠田さんが「若い人がやりたいことが見つからないのは、老いた人が楽しそうにしてないからかもしれないわね」と言っていた。

 

この話わかりますね〜。

 

僕も会社に所属していて、先輩が楽しそうに仕事しているなぁと感じたことがないんですよ。もちろん新しいことをやる会社ではないので、それは仕方ないんですが。日々のルーティンワークをいかに効率良くこなすかという仕事なんです。それはそれで楽しいところもあるんですけどね。

 

でもそういうものを見ていると、

 

「この先もこの職場はずっと変わらないんだろうな」って思うんですよ。でもそれは仕方ないですね。それが社会からその会社に求められている姿ですからね。

 

話は変わりますが。

 

日々の小さなことにも楽しさや喜びはありますよね。こうやってブログにしてみるのも楽しい。普通に暮らしていても楽しいことは意外と見つかるものです。自分にとって大切なものも見つかる。別に仕事だけが人生ではないですね。家庭もある。趣味もある。友達もいる。

 

人生の先輩が誰も楽しそうにしていないなら、自分たちで楽しそうにしてしまえばいいんじゃないかな。勝手にそれを見つけてしまう。


先輩の姿が未来の自分ではなく。今の自分が変化して未来になっていく。そんな気がします。