ノマクニヒコのブログ

書きたいことを書きます。

日本の遠慮の文化について。

僕はよくバスに乗るんです。今日は自宅から駅までバスに乗りました。日曜日なので混んでないと思っていたのですが、まあまあ混んでました。

 

立っている人が数人いましたが、優先席が2つほどあいていました。多分遠慮して座っていないのでしょう。見たところ席が必要ではなさそうです。僕はベビーカーにうちの2歳児を乗せていたので座る必要はありません。バスの真ん中にベビーカーを置きます。

 

すると次のバス停で、お爺さんとお婆さんが乗ってきました。2人とも座るのかなと思っていたのですが、1人は遠慮して座りません。多分健脚なのでしょう。立っている人に勧められるのですが、遠慮して座りません。

 

こういう日本の遠慮の精神って素晴らしいなと思う反面、いろいろと思うところもあります。そのお爺さんが座らなかったせいで、バスの立っているところがさらに狭くなり、僕の立つ場所が狭くなりました。バランスが悪くなるくらいです。正直なところ、そのお爺さんに優先席に座っていただいたほうが立っている場所が広くなります。座ってよ、お爺さん。

 

なんでもかんでも遠慮したほうがいいっていうことはないですね。個人的に正解にならなくても全体的に正解になるのなら、座ったほうがいいと思います。あとで赤ちゃんを抱っこしている人が乗ってきたら譲ればいいわけですし。

 

そんなことを思いました。

 

最後に残った唐揚げも食べちゃいましょう。皿を片付けたい人のことを考えて。

 

 

広告を非表示にする